中学生や高校生の思春期ニキビと大人ニキビとは原因も対処法も違います

大人になっても治らないニキビ

ニキビは青春のシンボル?

中学生や高校生に多いのが「思春期ニキビ」。
大人になれば治ると考えがちですが、実はそんな甘いものではありません。
ニキビは皮膚科で治療すべき立派な病気。
大学生どころか、社会人にまで多くなっています。
それが大人がかかるお肌の病気、「大人ニキビ」なのです。

大人ニキビは社会人になっても治らない

成長ホルモンの分泌が収まるのは、人によってそれぞれ時期は違いますが、中学生や高校生を過ぎた遅くても20歳ぐらいまでだと言われています。
そのため大人になれば皮脂の分泌が活性化されることもなくなり、自然にニキビの発生も収まっていくと考えられがちです。
しかし、気をつけていただきたいのは、大人になってから収まるのはあくまでも成長ホルモンが原因となっている「思春期ニキビ」だけだということ。
ニキビの原因は成長ホルモンだけではありません。
その他の要因でニキビが出来る大人ニキビには通用しないのです。
特に社会人は睡眠不足や偏った食生活が大人ニキビの原因になりやすいと言われています。

大人ニキビの特徴

大人ニキビの多くは思春期ニキビのように白かったり、ぷっくりと膨らんでいたり、皮脂の過剰が原因だな、と一目でわかるものではありません。
なんとなくお肌が荒れていて、赤黒く腫れている。
白っぽくなっているけど、コメドが皮膚の奥にあるので、圧出も出来ない。
そんな出来物のようなニキビが大人ニキビの特徴なのです。

生理前の女性がなりやすい

大人ニキビは女性に多いニキビだと言われています。
その理由として挙げられるのが、月のもの、生理(月経)とホルモンバランスの関係です。
生理前は女性は男性ホルモンの分泌が活発になり、体内のホルモンバランスが崩れやすくなります。
生理が始まってしまえば、収まってきますが、崩れているときに睡眠不足などが重なると一気にお肌が荒れてニキビが出来やすくなります。
20代どころか30代になってもニキビがひどい人にはこの手の生理ニキビの傾向が大きいと言われています。
女性にとっては仕方がないものだとはいえ、生理の時期はできるだけ規則正しい生活を維持するように努めましょう。

最新記事